スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第366回 THERAPY


誕生日おめでとうメールの軒。

0通でしたってオチを書こうと思ったのに、以外にも4通くらい着て嬉しかった。

スポンサーサイト

第367回 ドゥンッ


「ドゥンッドゥンッ」

って重低音が、遠くから聞こえてきてうるさい。

とか思ってけど、その音が自分の鼓動だと気付いた。

昨日酒飲んだせいだな。

第368回 風


外は大荒れの天気だ。

俺はこの天気に逆らうように、穏やかな気持ちでいる。

手には勿論タバコ・・・


ではなくパピコ。


窓を開けると、雨上がりの生温い風が、体を包む。

「あの時も、こんな風が吹いていたな・・・女は元気にしているだろうか。」

そんなことを思いながら、パピコの最後らへんの中々でてこない奴と格闘する。

「頑固な奴だぜ・・・あの時の(ry 」


空になった容器をスポイト的な感じにして、唇を吸わせてみたりする。

「落ち着けよ・・・俺は逃げたりしないんだぜ?w」













保険証どこにやったっけ?

第369回 ん?


w

第370回 Valentine


姉から荷物が届いた。

服と海軍カレー。

自分で服を選ぶともれなくダサいから、非常にありがたい。

思えば大学生になってから、相当数の援助を受けている。

その額は恐らく十数万円に上るが、正月に僕がコンビニのスウィーツを奢ってやったので、貸し借りは無しだ。


就活生ともなると、ヴァレンタインデーとは無縁。

僕のような日常にいまいち張りのない人でなくとも、人事部の方にヘコヘコするのに忙しないのだ。

そういう意味では少し救われた気がする。

しかし、企業説明会においてカップルで行動するという、奇妙奇天烈摩訶不思議な人種も稀に存在する。

冷ややかな目で見ているのは、そこにいる大多数の人間だ。

いくらヴァレンタインデーだからと言って、それはないでしょ~・・・ねぇ?

大体もう立派な大人なんだから、1人で行動しなさいよ1人で!

というのは、孤独な人間の口癖。


真面目な話、本当にこんな卑屈なことを年中考えている訳では無いので。

あと、たまにする変態的な話も、実際はその3割程度にしか考えていないので。


いや、4割か。

5割・・・・・・8割程度かな。
プロフィール

田中先輩

Author:田中先輩
社畜3年目

最新記事
月別アーカイブ
カウンターです
カテゴリ
お勧めアニメ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。