スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第382回 これからは


ラジオの時代!

SUNDAY NIGHT DREAMER 面白いよ。
スポンサーサイト

第383回 友人の犬


電車で友人と鉢合わせ。

お互いの心の傷を舐め合った後、友人は語り始めた。

友人「あ、ポチ死んだよ。」

(ポチとは、友人の実家で飼っていたドーベルマンみたいな雑種の犬の名(偽名))

僕「えっマジで?」

友人「うん。カチカチになったチャーハンの残りを食べさせたら、喉につまらせて死んだらしい。」

僕「マジかぁ~でも結構長生きしたよな。」

友人「まぁ~10年以上いたからね。」


僕とその友人は、15年くらいの付き合いで、小学生時代は毎日のようにお互いの家を行き来していた。

ポチが友人の家に貰われて来たのが、小学5年生くらいの時だったか。

とにかく凶暴な奴で、触ることはおろか、近付くことすら許さない。

調子に乗って近付けば、目を血走らせ牙をむき出しにし吠えまくる。

「殺してやる」という心の声が聴こえてくる。

うちで飼っている、ある程度距離があれば吠えるが、近付けば耳と尻尾がへなっへなになるぷーちゃんとは大違いだ。


何度か仲良くなろう大作戦も試みた。

  ・ドッグフード スローアンドキャッチ
      結果 成功はしたが、警戒心は全く溶けず無意味。
          (ぷーなら確実に従順な下僕と化す。)

  ・綱引き 
      結果 これも一応成功はしたが、遊んでいる感が全く無く、鎖が無かったらただ事では済まない。
          (ぷーは散歩の次にこれが好き。)

以上の結果から、親密な関係を築くことは不可能であるという結論に至った。


時は過ぎ、中学生になって間もない頃、一瞬の不注意で、僕はポチにケツを噛まれる。

3日程病院へ通った思い出と共に、僕のケツには噛まれた後の傷が、今でもくっきりと残っている。

友人から聞いた話では、もう1人被害者がおり、ポチを保健所送りにするか否かの家族会議が開かれたらしい。

そんな凶暴な犬だったが、僕に思い出を沢山与えてくれた。

ありがとう。

チャーハンを食って死ぬなんて、幸せな最期じゃないか。

第384回 オムライス


久し振りに映画を連続して観た。

ディセント1・2と、オムライス。

オムライスは、吉本の芸人ばかり出ている非常にくだらない映画で、100分が異常に長く感じた。

まぁいい。


先日、飲み会があった。

機会はそれ程無いので、色々なお酒を飲んでみることにした。

1杯目、空気を読まずにいきなり焼酎のお湯割り・・・お腹に優しい味。

2杯目、焼酎のウーロン割り・・・水割りと変わらない。

3杯目、カシスグレープフルーツ・・・焼酎の後で味が分からない。

4杯目、ピーチツリーグレープフルーツ・・・周りには不評だが、美味しいと思った。

5杯目、ジントニック・・・美味しい。

6杯目、スクリュードライバー・・・アルコールきつかった。

7杯目、缶ビール・・・普通。

8杯目、ピーチツリー・・・美味しい。


酔った。

酔った僕を性欲が支配する。

近くに女の子がいる・・・。

いい匂いがする・・・。

くそおおお!

ブスのクセにいい匂いとかさせてんじゃねえええええぞおおおお!

帰宅して一発抜いて就寝。

事なきを得たのでした。

第385回 金環日食


空一面に広がる、灰色の雲。

降り注ぐ火山灰。

強く冷たい雨風に凍える。

日は昇らない。

第386回 歴史


僕は歴史が大嫌いだ。

高校最初のテストで、15点を採るくらい嫌いだ。


よく考えて欲しい。

歴史を学ぶことに、何の意味があるのか。

歴史というのはつまり、今を作り出すに至る過程である。


例えば、テレビのリモコンを使うのに、その製造過程を知る必要があるだろうか。

いや無いね。

何も考えずに、ただボタンをポチポチ押していればいい。

何故なら必要の無いことだから。


何が言いたいのかというと、過去を知る必要なんて無い。

僕達は今を生きることに徹すればいい。

そうだろ、たかみな。
プロフィール

田中先輩

Author:田中先輩
社畜3年目

最新記事
月別アーカイブ
カウンターです
カテゴリ
お勧めアニメ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。