スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第203回 尖閣諸島・・・


ここからは僕が色々なサイトやブログを覗いて考えた、個人的な見解です。


昨日、大規模なデモが行われました。

しかし、ちょっと待って欲しい!

本当に中国が領土欲しさに行っているだけの問題なのか、疑問に思いませんか?

それだけなら、今の日本政府の行動はおかしすぎる気がします。

今回行われたデモに関して、あらゆる報道機関で取り上げられていません。(現時点では)

おそらく、政府から報道規制されていると思われます。

何故報道を規制するかと言うと、あまり大事になって欲しくないから。

こうやって国民への関心度が高まっていくと、

ありもしない尖閣諸島の領土問題を、あるように錯覚してしまうんですね。

最初から中国も、尖閣諸島が日本の領土だと言うことは分かっていた筈です。

事を荒立てれば荒立てる程、中国側の思う壺です。


そしてもう1つ。

1969年、尖閣諸島周辺海域に大量の石油が発見され、

その時領土権を主張していた台湾が、アメリカのガルフ社に周辺海域の石油採掘権を与える

という騒動があったにも関わらず、アメリカは1972年に沖縄とともに領土権を返還しています。

この辺も怪しいと思いませんか?

何故アメリカは返還したのか。

中国とアメリカに何らかの密約があったのではないか?と・・・


これは、沖縄侵略への第一歩なのではないかと心配です。

アメリカから沖縄と尖閣諸島が日本に返還されたことで、

中国は直接的に日本領土への侵略が可能となったわけです。


いずれにせよ、中国が日本の領土を次々と侵略しようとしているのは明らかだと思います。

沖縄の件も一時話題になりましたよね。


もし本当に中国とアメリカの間で何らかの、契約が成されているとして、

日本は武力では完全に劣りますから、戦争でも吹っ掛けられれば、

為す術無く沈んでいくことに。


正直自分でも、何馬鹿なこと書いてんだろ・・・

と思います。

しかし、膨大な数の情報が飛び交っている中で、目の前にあるものだけを

鵜呑みにしてしまうのはいけないと思います。

今政治に無関心なのは、生活自体に大きな損害を与える可能性があります。

少しでも興味を持って、他人に左右されすぎずに、

自分で考えてみることが大切だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中先輩

Author:田中先輩
社畜3年目

最新記事
月別アーカイブ
カウンターです
カテゴリ
お勧めアニメ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。