スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第368回 風


外は大荒れの天気だ。

俺はこの天気に逆らうように、穏やかな気持ちでいる。

手には勿論タバコ・・・


ではなくパピコ。


窓を開けると、雨上がりの生温い風が、体を包む。

「あの時も、こんな風が吹いていたな・・・女は元気にしているだろうか。」

そんなことを思いながら、パピコの最後らへんの中々でてこない奴と格闘する。

「頑固な奴だぜ・・・あの時の(ry 」


空になった容器をスポイト的な感じにして、唇を吸わせてみたりする。

「落ち着けよ・・・俺は逃げたりしないんだぜ?w」













保険証どこにやったっけ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中先輩

Author:田中先輩
社畜3年目

最新記事
月別アーカイブ
カウンターです
カテゴリ
お勧めアニメ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。