スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第418回 ENERGY


何かこう・・・身体の奥から込み上がるものがあるよね。

そう!

ENERGY!

大学時代の殆どを六畳間で過ごしている僕は、もうENERGYが満タンさ!!

これは何処かへ飛び出すしか無い!

うをおおおおおおおおおおお!

ぷしゅーーーーーん。

でも、何しようか。

友達もいないし。


そういえば、ゼミの教授にお前は不感症なんじゃないかと言われた。

不感症と言うのは、何らかの事象に対して、何の感情的な反応もわかないこと。

確かにそうかもしれない。

何をするにも、まず客観的に考えてしまう癖。

感情を表に出さなければ、誰かに自分の意見や行動に対して言及されることが無くて楽になる。

そう言う考えがあるのかもしれない。

僕はこれを、20年生きてきた中で見つけた、自分が傷つかない為の知恵だと思ってる。

その代償として、とても空虚な日々が待っている。

誰からも関心を持たれることもなく、ただ孤独で無機質な日々を送る。


強がらずに言うと、やっぱり誰かに愛されたいんだと思う。


この前話した自殺したおじさん。

僕は当然の如く、その人は僕のことを愛してくれているし、これからもずっと可愛がってくれるだろうと思っていた。

だけど、実際は違った。

僕に対して、最後にどういう思いを抱いていたのかは知らないけど、遺書にも僕に対しては何の言及も無かった。

状況に甘んじて、ただ受動的な態度をとっていたんだから、それは当然かもしれない。

「あいつは、俺に合うのが面倒臭いだけなんだ、俺のことなんて何とも思ってないんだ。」

そう思わせていたのかもしれない。

僕は本当にそのおじさんが好きだったけど、態度で示すことが出来なかった。

いつもそうだ。

ただ人の話を聞いて、ヘラヘラ笑っているだけ。

そんな奴、好きになる人なんている訳がない。

でも、これからも変わらないだろうな僕は。

人を避けて避けられて生きてきた報いだ。

これを見ている人にアドバイスする。

馬鹿にされても何されてもへこたれず、自分という存在をしっかりアピールするべきだ。

そうすれば案外、他人は受け入れてくれると思う。

人っていうのは、思っているよりずっと純粋で優しいと、最近になって感じる。


以上、酔った勢いで書いた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中先輩

Author:田中先輩
社畜3年目

最新記事
月別アーカイブ
カウンターです
カテゴリ
お勧めアニメ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。